歌で覚える「overtime」の意味

おはようございます、Kozy(コージー)です。
今回は「overtime」の意味を、歌にのせて覚えてましょう。

overtime : 延長して

「overtime」は「time」時間を「over」超えるので、ある動作が延長している状態を表します。
例えば、仕事が「overtime」しているのであれば「残業」、スポーツの試合が「overtime」しているのであれば「延長戦」を意味します。

今回紹介するのは、最近MVがアップされたこちらの曲です↓

Body – Summer Walker (2019)

0:29〜の部分です(歌詞の参照元:https://genius.com/Summer-walker-body-lyrics

Somethin’ that makes me look at you too often
And baby, you can give it somethin’
Baby, I can run overtime, oh

あなたの何かのせいで、私はあなたのことを何度も見てしまうの
ベイビー、あなたも何かしてくれるでしょ
ベイビー、延長してもいいのよ

この歌詞中の「overtime」は、エロいニュアンスを含んだ意味合いでしょう。
「これから2人きりで、延長戦を楽しまない」って感じです。
サビ部分では、あなたとチェックインしたいという歌詞も出てきています。
男を誘惑している状態が目に浮かびますね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA