歌で覚える「prayer」の意味

おはようございます、Kozy(コージー)です。
今回は「prayer」の意味を、歌にのせて覚えましょう。

prayer : 祈り

「prayer」とは「祈り」という意味の名詞です。
「pray」が「祈る」という動詞だから、「prayer」は「祈る人」だと考えてしまった人は注意が必要です。
もちろん「祈る人」という意味として使われることもあるのですが、ほとんどの場合は「祈り」「祈祷」など祈る行為そのものを指します。

今回紹介するのはこちらの曲です↓

Ultralight Beam – Kanye West (2016)

4:42〜の部分です(歌詞の参照元:https://genius.com/Kanye-west-ultralight-beam-lyrics

Father, this prayer is for everyone that feels they’re not good enough
This prayer‘s for everybody that feel that they’re too messed up

父よ、この祈りは、自分たちは力不足だと感じている全ての人々のためのものです
この祈りは、自分たちがめちゃくちゃだと感じている全ての人々のためのものです

Kanye West のアルバム「The Life of Pablo」のイントロを飾る曲です。
最近の Kanye の作品はキリスト教色が全面に押し出されたものが多いですが、この曲でも彼のキリストへの信仰を歌っています。
Ultralight Beam というタイトルは、キリスト教の使徒パウロのいい伝えから来ています。彼は光とともにやって来て、その生涯をキリストに仕えて過ごしたとされています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA