歌で覚える「wrap」の意味

おはようございます、Kozy(コージー)です。
今回は「wrap」の意味を、歌にのせて覚えましょう。

wrap : 包む

「wrap」とは「包む」という意味の動詞です。
日本語でも食品を包む透明なフィルムのことを「ラップ」と言いますが、まさに用途どおり「包む」という意味なんです。
ただ英文中で使用される際は、包む対象は食品だけに限りません。モノを「包む」、自分の考えなど抽象的なものをを隠して「包む」、などなど、包む対象は様々です。

今回紹介するのはこちらの曲です↓

Peaches (feat. Daniel Caesar & Giveon) – Justin Bieber (2021)

0:20〜の部分です(歌詞の参照元:https://genius.com/Justin-bieber-peaches-lyrics

And I see you (Ohh)
The way I breathe you in (In)
It’s the texture of your skin
I wanna wrap my arms around you, baby

君を見てるよ
俺は君を吸い込むのさ
君の肌ざわりのせいで
君に手を回して包みたくなるんだ

Justin Bieber の最新アルバム「Justice」がリリースされました。その中でも本曲のMVがいち早くアップされましたね。
Daniel Caeser と Giveon の声には重厚感があり、甘い雰囲気が曲から伝わってきますね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA