歌で覚える「particular」の意味

おはようございます、Kozy(コージー)です。
今回は「particular」の意味を、歌にのせて覚えましょう。

particular : 各自の

「particular」は「各自の」「それ特有の」という意味を表す形容詞です。
なかなか意味が掴めないかもしれない方に、「special」と対比して覚える方法を紹介します。
「special」は「特別な」という意味ですが、これは数あるものの中から「特別に違うものを」選ぶというニュアンスを含んでいます。
それに対して、「particular」は数ある同じものの中から「1つに注目して」選ぶというニュアンスがあり、選ばれたものが特別に異なる特徴を持つわけではありません。

今回紹介するのはこちらの曲です↓

Love – Lana Del Rey (2017)

2:16〜の部分です(歌詞の参照元:https://genius.com/11391851

You get ready, you get all dressed up
To go nowhere in particular
Back to work or the coffee shop
It don’t matter because it’s enough

あなたに準備はできてる、全身着飾ってる
特にどこへ行くわけでもなく
仕事に戻るかコーヒーショップに行くか
そんなの関係ないわ、それで十分だから

Lana Del Rey のアルバム「Lust for Life」から、最も有名な1曲を紹介しました。
若いことと、恋をしていること、それで人生は十分だということを綴った曲ですね。
この歌詞中で出てくる「in particular」は「特に」という意味の副詞として使用されています。
これは「particulary」と全く同じ意味なので、覚えておきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA