歌で覚える「pour」の意味

おはようございます、Kozy(コージー)です。
今回は「pour」の意味を、歌にのせて覚えましょう。

pour : 注ぐ

「pour」とは「注ぐ」「流れ出る」という意味の動詞です。
他動詞の場合は水などの液体を「注ぐ」、自動しの場合は水などの液体自身が「流れ出る」となります。
時たま「rain」「雨が降る」がより激しくなった「大雨が降る」との意味で「pour」が使用されることがあります。
土砂降りといえば「rains cats and dogs」が有名ですが、「pour」での表現方法もぜひ覚えておきましょう。

今回紹介するのはこちらの曲です↓

Supalonely (feat. Gus Dapperton) – BENEE (2019)

0:22〜の部分です(歌詞の参照元:https://genius.com/Benee-supalonely-lyrics

Water pouring down from the ceiling
I knew this would happen, still hard to believe it
Maybe I’m dramatic, I don’t wanna seem it
I don’t wanna panic

水が天井から流れ出ている
こうなると思ってた、でもまだ信じられない
もしかしたら私はドラマチックなのかも、そう思いたくはないわ
パニックにはなりたくない

BENEE のヒット曲を紹介しました。彼女のEP「Stella & Steve」に収録されています。
TikTok でバズったのがきっかけで Billboard Chart などにもランクインした本曲。
ひとりぼっちの女の子の心情を描いた曲になっています。
今の時代、どのメディアからもスーパースターが生まれていますね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA