歌で覚える「hit it off」の意味

おはようございます、Kozy(コージー)です。
今回は「hit it off」の意味を、歌にのせて覚えましょう。

hit it off : 仲良くなる

「hit it off」は「仲良くなる」「意気投合する」という意味で用いられるスラングです。
出会ってからすぐに仲良くなったり、同じ趣味の話で盛り上がって意気投合したりと、新しい交友関係を深めていくようなニュアンスで用いられます。
「hit」という単語はよく「行く」「到着する」という意味で使用されることもあります。

今回紹介するのはこちらの曲です↓

Bartender (feat. Akon) – T-Pain (2007)

0:53〜の部分です(歌詞の参照元:https://genius.com/T-pain-bartender-lyrics

Ooh, she made us drinks to drink; we drunk ’em, got drunk
And then I think she thinks I’m cool
She gave me a wink, I winked back, and then I think that
We hit it off somethin’ proper like

彼女は俺たちにドリンクを飲ませたのさ、俺たちは全部飲んで、酔っ払ったよ
そしたら、彼女が俺のことをクールだと思ってると感じたのさ
彼女は俺にウインクをした、俺はウインクを返した、そしてこう思った
俺たちは仲良くなったよ、正しい手順を踏んで

2000年代後半のR&B界を賑わせた、T-Pain と Akon のコラボ曲です。
2人ともハイトーンで特徴的な声ですね。
本曲ではバーテンダーと恋に落ちた客について描かれています。
失恋した心を癒すためにバーに行き、そこで新しい恋を見つけるなんて、ドラマのような話ですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA